けっきょくなにもしない

おじさんのひび

めちゃめちゃきいたアルバム その5 ハッスルはお好き?/GO-BANG'S

わかいころに死ぬほど聴いたアルバム、その4。

 

 

 

ハッスルはお好き?/GO-BANG'S 

 

このアルバムは1987年にGO-BANG'Sがインディーズで発表した2枚の12inchシングルを1枚にまとめ、1曲追加して1988年のデビューと同時に再発されたもの。

この人たちのデビュー後のアルバムも持っているものはあるが、なんだかんだこのアルバムを聴き続けている。

 

GO-BANG'S

1983年に中学生が札幌で結成したバンド。その後、メンバーの森若香織が東京へ越したため自然消滅。が、たまたま札幌に残していったテープをRCサクセション忌野清志郎が聴き「いいじゃん!!」の一言で、残ったメンバーも上京し森若と合流。

RCサクセションのメンバーのサポートをうけながら東京で活動し、1988年にデビュー。

その後、ドラマ、映画、CMなどのタイアップも多くあり、人気バンドになった。

1994年の解散するも、現在は森若香織のソロ名義のバンドではあるが活動継続中。

 

前半 HUSTLE-BANG!BANG!

4曲入りの12inchとして販売されたもの。

彼女たちをかわいらしいガールズバンドと思っている人もいるかもだが、ブリティッシュロックの激しさと哀愁、はじけるパンク、メロディアスで独特なワードセンス。

けっこう先端のロック・パンクであると思う。

「愛をこめて、もっと!もっと!」

「ハートアタッNO.1」

「シャイリー・キャンディー」

「バレラはおせっかち」

どの曲も粒ぞろいで、飽きさせない。

おまけで入った

「エレキ天国」

は、ノリノリのゴーゴーロック。

 

後半 プリマドンナはお好き?

こちらも半年後の発表ということもあるので、流れは同じだが、前半と比べてメロディに磨きがかかっている。森若の独特の節回しがけっこうたまらん。

プリマドンナはお好き?」

「麗しのミス・ゴージャス」

「KISS・ME!KISS・ME!」

ピンガール」

など、今聞いても、他に類のない新鮮な音楽だと思う。

 

粗いがゆえに

自主製作ということもあり、アレンジや録音が粗いところもある。

が、そのため音楽的なセンスや才能がはっきりとわかる。

洋楽で言えば、レニー・クラビッツや、GN'R、ニルヴァーナなど、ファーストの衝撃って多い。あまり音をいじくると、本来の作品の良さが見えづらくなるところを、奇跡的なバランスで残っている感じ。

ちょっと大げさかもしれないが、私はこのアルバムにはそれを感じます。

 

森若の音楽的な才能はこのころから爆発しています。

ベースの谷島美砂の硬くて跳ねる低音もいいし、斉藤光子の激しいドラムもよい。この3人はとても相性がいいですね。けっこうこのころもライブで盛り上がったのでは。

 

また、このアルバムにギターで参加しているポコペンこと富田綾子(のちに「さかな」で活動)のギターがまたいい。激しくも、明るく、自由な感じ。

このアルバムのどの曲だったか定かではありませんが、ギターをラジカセにさして、その割れた音をそのまま録音したとか。パンクだね。

 

このアルバムは、彼女たちのあふれる才能がそのままパッケージされている、という意味でも貴重だし、何度聞いても素晴らしい。

 

けっきょく、その瞬間を閉じ込めたオリジナルの音源というのは素晴らしい。

 

youtu.be